Space Shower Music Video Awoards

2012 年 3 月 26 日

スペースシャワーTVが主催する「Space Shower Music Video Awards」において、andropのミュージックビデオ「Bright Siren」が特別賞を受賞致しました。

IMGSRC所属としてデバイスプログラミングを担当させて頂きました。

Asia Pacific Advertising Festival 2012

2012 年 3 月 26 日


アジア最大級の広告祭「アジアパシフィック広告祭(Asia Pacific Advertising Festival/ADFEST)2012」において、andropのミュージックビデオ「Bright Siren」がCyber部門とFilm Craft部門でSilverを受賞致しました。

IMGSRC所属としてデバイスプログラミングを担当させて頂きました。

Androp “Bright Siren” PV

2011 年 7 月 28 日

Androp "Bright Siren" PV

Androp “Bright Siren” PVが公開されました。

カメラ250台を使用したPVです。CGは一切使用せず、実際に250台のカメラを並べ、そのストロボの光をプログラミングによって制御しています。

アートディレクションなどはPARTYの皆様で、川村さん、清水さんとご一緒させて頂き、かなりエキサイティングな制作でした。キツイながらも、とても楽しく制作に関わらせて頂きましたことを深く感謝致します。
所属しているIMGSRCのメンバーの森さん、石塚さん、筆頭にパワスポメンバーにも感謝致します。

なかなか案件がらみですと、こういった場所で公に告知できない物が多いのですが、今回は特例で久しぶりにポスト致しました。

ハードウェアの電子回路設計などはパワスポヘッドの森さん、PVの音楽に合わせてシリアル通信を行うコントローラ部分のメインプログラム制作は石塚さんで、そのソフトウェアのシリアル通信部分のプログラム制作もお手伝いさせて頂きました。特に私がメインでプログラムを担当させて頂いたのはハードウェアのプログラム部分を制作させて頂きました。

小さいプロトタイプから始めたので、本番の250台のカメラフラッシュで見たときは圧巻!
普段は映像出力をプロジェクタやPDPなど所謂ディスプレイに出していたのですが、今回のようにデバイスを制御して出力させると今までにない感覚で、自分自身興奮の境地でした。

撮影時ではその後の展開がどうなるか分からなかったのですが、PVの完パケ、Webと各メディアを生かした完璧な仕上げ方にPARTYの方々の凄さを改めて痛感致しました。

YouTubeではandrop “Bright Siren” PVのフルHD映像と、そのメイキング映像が見ることが出来ますので、是非ご覧下さい。
また、Webはwebで面白い見せ方になっていますので、こちらも是非ご覧下さい。

メイキング映像

カメラフラッシュのみの映像

こういった機会を与えてくださったPARTYの皆様、IMGSRCに感謝しております。

ここでは書ききれないほどの方にお世話になりました、この場をお借りして制作に携わった全ての皆様に感謝の気持ちをこめてお礼申し上げます、ありがとうございました。

Artist: Androp
Title: “Bright Siren”

Director: Masashi Kawamura + Qanta Shimizu + Masatsugu Nagasoe
Camera Support: Canon Marketing Japan Inc.

Direction: PARTY / Aoi Advertising Promotion Inc.
Movie: Aoi Advertising Promotion Inc.
Web: Birdman

Production (Camera Control Software and Hardware Part): IMGSRC Inc. (powerspots)
Hardware System Design: Masanori Mori
Time Sequence Programing: Ken Ishizuka / Yoshihiro Kunihara
Hardware Programing: Yoshihiro Kunihara
IMGSRC install members (powerspots): Masanori Mori / Ken Ishizuka / Yuichiro Katsume / Yujiro Miyabayashi / Yuhei Yamamoto / Yoshihiro Kunihara

Lines

2011 年 7 月 24 日

OpenGL TEST from kuni on Vimeo.

made by OpenGL + Cocoa.
just test OpenGL programing. 2006.

Perlin Noise

2011 年 7 月 24 日

Perlin Noise Test 01 from kuni on Vimeo.

2D Perlin Noise Test.

http://www.rinpa.com

ONE SHOW INTERACTIVE 2009

2009 年 9 月 4 日

世界三大広告賞ONE SHOW INTERACTIVE 2009におきまして、「Interactive Mega Gallery」がOther Interactive Digital Media部門においてMerit賞に選ばれました。

http://www.oneclub.org/os/osi/showcase/?year=2009&id=11223

Merit賞とはいえ、このような国際的な大きな広告賞を頂けたことは本当に喜ばしいことです(名前まで載せて頂いてます恐縮)。

大きなプロジェクトでしたので、多くの人と関わらせて頂きました、その全ての人に感謝いたします。また、個人的に密にコンタクトを取らせていただいたGT incの内山さん、工藤さんには感謝の念でいっぱいです。いまは所属を離れましたが、AITIAメンバーにも感謝感謝です、特に元AITIA田中くんにはディレクションで大変お世話になりました。

企画から参加させていただいて、制作に関してはインタラクション+10面同期の巨大プロジェクションのプログラム実装や現場作業など、本当に大変なプロジェクトでしたがこういった形で賞を頂けると感無量です。

現在もインタラクティブOOHなどの仕事に携わっていますが、今後もクオリティーの高い仕事が出来るよう頑張りたいと思いますので、皆様宜しくお願い致します。

DMC JAPAN 2009 TOKYO Interactive VJ

2009 年 8 月 1 日

dmc2009_1
Photo: © Yoshihiro Kunihara

リハーサルの風景、画面左からAFRAさん、DJ KENTAROさん。自分はインタラクティブ映像VJとしてお二人のスペシャルセッションにコラボレーションさせていただきました。ディレクションは昨年同様いつもお世話になっているTangramさん。インタラクティブ映像のシステムは、AFRAさんDJ KENTAROさんのそれぞれの音をライン入力でMacに取り込んで、音声によって映像が変化する様になっています、FFTしているわけでもなく、はっきり言って至ってシンプルな物。Quartz composerで組んでKORGのmidiコントローラーのnano KONTROLでパラメータを制御できるようにしています、LIVEで行う醍醐味であり、リハと本番音声との誤差を修正する必需品でもあります。

インタラクティブ映像はともかくとして、お二人のスペシャルセッションは圧巻でした。DJ KENTAROさんがAFRAさんのヒューマンビートボックスをリアルタイムでRECして、それを音源にスクラッチ&AFRAさんとセッションしてしまうというスゴイ物でした。

Event: DMC Technics JAPAN DJ Championships 2009 Final
Venue: Liquidroom, Ebisu, Tokyo
Date: August 1, 2009

Collaboration Live Artist: DJ KENTARO / AFRA

Direction: Tangram
Interaction Design / Motion Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

Digital Signage Preaward 2009

2009 年 6 月 9 日

第1回「デジタルサイネージプレアワード2009」におきまして、AITIAが制作をした『Tendence at RESTIR』が景観部門にて、優秀賞に選ばれました!

http://www.digital-signage.jp/preaward/

今まで国内でのインタラクティブ系のアワードはWEBを中心としたFlashなどを利用したリッチコンテンツや、それと連動したOOHでないと応募資格がないことが多い現状でした。

自分のやっていた仕事は主にWEB非連動のインタラクティブOOHを多く制作していたので、アワードの応募の資格すらないという状況が続いていました。

しかしながら、この度デジタルサイネージコンソーシアム主催の国内初のデジタルサイネージ系クリエイティブ&プロダクトを対象としたアワードが開催され、晴れて景観部門の優秀賞を受賞させていただきました。

AITIA株式会社としても、とても喜ばしいことですが、個人的にも今回の受賞については感慨深い物があります。なぜかというと普段、社内の担当として制作を中心とした作業が多かったのですが、今回の案件では社内のディレクションも担当してクライアントを含む外部の人たちと関わり仕事の幅が少し広がったいうのが最も大きな要因の一つです。

クライアントRESTIRさまや、ディレクションを行っていただいたREALDEARさまには本当に感謝しております。

今後も賞に恥じないよう、いっそう身を引き締めて頑張ろうと思います。

hanjee Website Renewal

2009 年 5 月 5 日

hanjee0

hanjee1

hanjee2

hanjee3

hanjee4

hanjee5

hanjee Website Renewal

http://www.hanjee-salon.com/

Client: hanjee Hair Salon

Art Direction: Kinya
Direction: Takuya Matsuda (SIRVICE)
System Design / Flash Programming: Yoshihiro Kunihara

Symphonic Motion

2009 年 4 月 30 日

Symphonic Motion
Photo: © Yoshihiro Kunihara

六本木ミッドタウン、セレクトショップRESTIRにてTendenceの新作発売を兼ねたオープニングパーティーが開催されました。それにともなって、RESTIR店舗の巨大LEDに人の動きに反応してTendenceの時計の画像が浮遊するインタラクティブ映像広告を制作致しました。

高輝度の巨大LEDヴィジョンでしたので、日夜問わず、大画面でとてもきれいに映し出されるのは圧巻です!!

インタラクティブOOHをそれなりに手がけていますが、やはりディスプレイの大小や鮮明さが印象に大きく左右されまし、それによってインタラクションの体験方法・演出を考える必要があります。

今回は体験者が映し出された自分の映像とほぼ1対1以上で、さらに前後左右に余裕のある巨大LEDだったので、画面に対しての体験者の動きにも余地があり、とても楽しんで頂ける演出を実現させることが出来ました。

また、数十秒置きのインターバルでTendenceのイメージ・グラフィックを出すことによって、インタラクティブ映像を楽しみながらTendenceの新商品画像が見られるようになっています。こうすることによって体験者はもちろんのこと、そうでない人にも紙張り広告や映像広告としての機能も果たせるOOHとなっています。

このインタラクティブOOH、『Tendence at RESTIR』は、第1回「Digital Signage Preaward 2009」におきまして景観部門にて、優秀賞に選ばれました。

http://www.digital-signage.jp/preaward/


symphonicmotion1

symphonicmotion2

symphonicmotion3

symphonicmotion4

symphonicmotion5
All Photo: © Yoshihiro Kunihara

Tendence at RESTIR

Prize: Digital Signage Preaward 2009

Venue: RESTIR MIDTOWN, Roppongi, Tokyo
Date: April 23 to June 6, 2009

Client: RESTIR
Production: REALDEAR, AITIA Corporation

Direction: REALDEAR
Graphic Design: RESTIR designers
Interaction Design / Motion Design / Layout Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

Flower Rainbow

2008 年 10 月 3 日

flowerrainbow0
Photo: © Yoshihiro Kunihara


Movie Edit: Nobuo Tanaka

Venue:
Station Square, Shinjyuku, Tokyo
D’s Square, Umeda, Osaka

Date:
Octorbar 2 to Octorbar 5, 2008: Osaka
Octorbar 3 to Octorbar 5, 2008: Tokyo

Client: IHG ANA Hotels Group Japan LLC
Agency: McCANN ERICKSON JAPAN
Event Management: Cloud Nine
Production: AITIA Corporation

Produce and Direction: Nobuo Tanaka
Interaction Design / Motion Design / Sound Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

AR Video Controller

2008 年 9 月 30 日

fidicial finder

Programming: Yoshihiro Kunihara

echo

2008 年 9 月 16 日

echo0

echo1

echo2

echo3

echo5

echo6

echo7

Event: IFA 2008
Venue: Messe Berlin, Berlin, Germany
Date: August 29 to September 3, 2008

Client: Panasonic
Agency: Panasonic Visuals
Production: Tangram, AITIA Corporation

Art Direction: Tangram
Interaction Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

DMC JAPAN 2008 TOKYO Interactive VJ

2008 年 8 月 9 日

Event: DMC Technics JAPAN DJ Championships 2008 Final
Venue: Liquidroom, Ebisu, Tokyo
Date: August 9, 2008

Collaboration: Tangram

Material Design: Tangram
Interaction Design / Motion Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

Light Graffiti

2008 年 7 月 4 日


Movie Edit: Nobuo Tanaka

Inspired by Light Tracer

Event: Good Party
Venue: Café EMPORIO, Meguro, Tokyo
Date: July 4, 2008

Interaction Design / Programming: Yoshihiro Kunihara
Special Thanks: Nobuo Tanaka

Time Slicer

2008 年 7 月 4 日

Inspired by Marshmallow Scope

Event: Good Party
Venue: Café EMPORIO, Meguro, Tokyo
Date: July 4, 2008

Interaction Design / Programming: Yoshihiro Kunihara
Special Thanks: Nobuo Tanaka

Sony α Interactive Mega Gallery

2008 年 3 月 18 日

sony0
Photo: © Yoshihiro Kunihara


Movie Edit: Nobuo Tanaka

Prize: One Show Interactive 2009, Other Interactive Digital Media, Merit Award

Venue: Roppongi Hills Metro Hat, Roppongi, Tokyo
Date: March 18 to March 28, 2008

Client: Sony Marketing(Japan) inc.
Agency: FRONTAGE inc.
Planning: GT inc.
Produce: GT inc.
Production: AITIA Corporation

Direction: Nobuo Tanaka
System Design / Interaction Design / Motion Design / Programming: Yoshihiro Kunihara

MOMENT Website Renewal

2007 年 12 月 10 日

moment0

moment1

moment2

moment3

moment4

MOMENT Website Renewal

http://www.moment-design.com

Client: MOMENT Inc.

Art Direction / Design: MOMENT Inc.
Direction: Daiken Co.,Ltd.
Interaction Design / Flash Programming: Yoshihiro Kunihara

The Degital Ad-Truck 2007

2007 年 12 月 7 日

daf0

Event: DAF2007 Digital Art Festival 2007

Venue: Panasonic Center Tokyo, Ariake, Tokyo
Date: December 7 to 12, 2007

Production: Hakuhodo, TYO, DGN, AITIA Corporation

Art Direction / Direction / Design: Hakuhodo
Produce: TYO
System Design / Visual Programming: Motoi Ishibashi
Sound Design / Programming: Daito Manabe
Visual Programming: Yoshihiro Kunihara

G-SHOCK Interactive Catalog

2007 年 9 月 23 日

gshock0


Movie Edit: Nobuo Tanaka

Event: G-SHOCK 25th Anniversary T.I.M.E The Individual Music Entertainment
Venue: Ageha, Tokyo
Date: September 23, 2007

Client: CASIO Computer
Event Produce: Raisonne Tokyo
Production: AITIA Corporation

Direction: Nobuo Tanaka
Interaction Design / Motion Design / Programming: Yoshihiro Kunihara
Special Thanks: Yosuke Nagao, Etsuyo Okajima, Makiko Kataba